(根本的な)『宇宙の創造原理』について<前編・後編>

宇宙の姿

昨年2022年の2月11日に生命システム研究所としての活動を開始して以来、さまざまなテーマで講座を開催してきました。

当初は思いもよらなかったことですが、およそ1年間にわたって、自分が伝えたいと思う内容の講座を企画・開催してきた結果、私の中で、『宇宙の創造原理』に関する一つの「私案」もしくは「試案」としての体系が出来上がってきました。

まだまだ未熟な点もあるかと思いますが、私がお伝えする内容は、私自身の内側で生み出したものか、あるいは外側の情報源から学んだことであっても、それらを鵜呑みにすることなく、私自身で一度は完全に咀嚼しなおしたものとして、すべてを体系化しています。

個人的にはすべて「真実」であると思っていますし、「真実」は必ず皆様にとって「力」となり「助け」となるであろうと、私は信じています。

5つの原理から構成される『宇宙の創造原理』

「宇宙の創造原理」とは、この「宇宙」もしくは「世界」における最大の枠組みに関する「原理」であり、以下の5つの「原理」としてまとめました。

(根本的な)宇宙の創造原理

  • 【原理0】 「なぜ、この宇宙は無ではなくて、存在しているのか」という『宇宙究極の謎』は誰にも解けない。
  • 【原理1】 唯一の『絶対無限の存在』が存在する。
  • 【原理2】 『絶対無限の存在』は体験したいと思ったので、唯一の自分自身を無限に分割した。
  • 【原理3】 『絶対無限の存在』は予測できない体験をしたいと思ったので、無限に分割した自分自身に自由意志を与えた。
  • 【原理4】 遅かれ早かれ、無限に分割した自分自身の誰もが、『絶対無限の存在』と再融合する。

<前編>では、主として【原理0】【原理1】 【原理2】について、<後編>では、主として【原理3】と【原理4】について、扱います。

<前編>と<後編>の内容

<前編>宇宙究極の謎、絶対無限の存在、一者性と多者性、輪廻転生などについて

  • 「宇宙究極の謎」→ なぜ「無」ではなくて、存在しているのか?
    • 日常生活の忙しさに呑み込まれていると、この「謎」について考えることはないと思われる。
    • あらゆる「先入観」「偏見」を捨てないと、この「謎」には至らない。
    • 「宇宙究極の謎」は誰にも解けない。この宇宙最大のパラドックスとも言えるであろう。
    • 「私とは誰か」という命題の究極版である。
    • 定義上、「無」から「有」は生まれない。「有」が「無」になるということも考えにくい。
    • 現在、既に「有」の世界であり、「有」から「有」へと続く以外に道はない。
  • 「絶対無限の存在」について
    • この世界は存在している以上、究極的には一つの存在が存在していることになる。それを「絶対無限の存在」と名付ける。「絶対無限の存在」は当然のことながら、全知全能である。全知全能ではない、と否定するような他の存在は一切存在しないから。
    • 「絶対無限の存在」は、存在しているだけでは面白くなかった。具体的に自分自身について、そしてこの「世界」について、「体験」したくなった。
    • 「絶対無限の存在」は、みずからを無数の魂に分割することにより、分割した一つ一つの魂という立場から、世界を「体験」することができるようになった。
    • 分割した魂のそれぞれが同一であったとすると、面白くないので、「絶対無限の存在」は「ゆらぎ」を導入し、それぞれの魂に個性を与えた。
    • それぞれの魂の表現や役割は異なるものの、それぞれの魂はすべて対等であり、優劣・上下・貴賤は存在しない。
    • その結果、「一者性」と「多者性」が生まれた。
    • すべての魂は、本質的には「絶対無限の存在」そのものであり、お互いに対等である。
    • 一即多・多即一、あなたはもう一人の私。
  • 輪廻転生について
    • 輪廻転生はないとすると、一回限りの生の条件がどのようにして決められたかが曖昧になる。一回限りの生であったとすると、生と生の間での公平性が失われる。
    • 何十回か何百回かの転生があるとすると、それらすべてを合わせた時に、すべての魂の間でバランスが取れるように、生を設計することができる。

<後編>自由意志と大調和、絶対無限の存在との再融合、霊的な考え方の重要性

  • 自由意志と大調和について。
    • 地球上の人間には、おそらくこの宇宙で最大の自由意志が与えられた。
    • 自由意志が与えられた人間が創り出す調和は、予定調和を超えた大調和となる。
    • 大調和は、絶対無限の存在にとって、予測できない体験である。
    • 但し、絶対無限の存在との再融合の程度が大きくなるにつれて、自由意志を行使できる範囲は小さくなってくると思われる。
  • 再融合について
    • 誰もが、遅かれ早かれ、必ず『絶対無限の存在』と再統合するとともに、誰もが自分以外のすべての存在者の体験を共有することになる。
    • その結果、分離の世界を味わった誰もが、宇宙最大の至福を体験することになる。
    • 人生において何が起きても、どのようなことを体験しようとも、「何の問題もない」「大丈夫」という結論が得られる。
  • 自殺について
  • ギリギリの状況で生きていく「力」や「助け」を得るための考え方について。
  • 唯物論的な考え方の問題点について。
    • 脳科学やAI研究、トランスヒューマニズムなどにおいては、少なくとも現時点において、唯物論的な考え方が主流である。
    • しかしながら、唯物論では人間の本質を理解できないため、多くの問題を生み出すことになる。
  • 他の霊的な教えとの間の類似点と相違点について
  • 本来の霊的な感覚を取り戻すことの重要性について、など

日程

  • (根本的な)「宇宙の創造原理」について<前編>
    日時:1月20日(金)19:00~21:00[ZOOM]
       1月22日(日)13:30~15:30[ZOOM]ZOOMのみに変更いたしました!
     1月20日と1月22日の内容は同じです。
  • (根本的な)「宇宙の創造原理」について<後編>
    日時:2月17日(金)19:00~21:00[ZOOM]
       2月19日(日)13:30~15:30[会場 & ZOOM]
     2月17日と2月19日の内容は同じです。

会会場は下記リンク先の「アクエリアス」(東京都中央区日本橋馬喰町1-5-10 林ビル4階)です。
https://aquarius-g.com/access/

当日参加できない方の場合、お申し込みの際に「後日の録画配信」という選択肢がありますので、そちらをお選び下さい。

受講料

一括 7,000円、単発 4,000円

お申し込み

https://ws.formzu.net/dist/S311238200/

講師

根本泰行

問合せ

lifesystemlabo@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です