やさしい『超心理学』と『意識』- 2022年9月と10月の講座

超心理学についての概要を学ぶとともに、意識の仕組みについて考える(2回コース)

『超心理学』とは、「心と物あるいは心同士の相互作用を科学的な方法で研究する学問」です。当講座では、『超心理学』についてまったく知らない方を対象に、「超心理学の概要」について解説するとともに、『超心理学』で明らかにされてきている知見に基づいて、「意識の仕組み」に関する私自身の見解をお伝えいたします。

「意識」について考えることがなぜ重要かと言いますと、それは私たち自身の「存在理由」もしくは「存在意義」が、まさに「意識」と密接に関連していると考えられるからです。すなわち、「意識」について考えることは、私たち自身について考えることだからです。

講座の目的は、受講したことをきっかけとして、皆さん自身で、さらに深く「意識」について、そして「皆さん自身」について、考えていただくところにあります。

但し、「意識」に関する学問分野は、哲学・生物学・医学・心理学・情報科学などにまたがるものであって、膨大なものであり、とても一人の講師がカバーしきれるものではありません。従って、今回の講座においては、私が個人的に関心を持っている部分についての解説を行い、私個人が考えている意識に関する仮説をご紹介いたします。この点について、あらかじめご了承ください。

内容

1.超心理学とは?
 いわゆる「テレパシー」や「念力」などについて、科学的に研究する学問分野です。この分野の事情を知らない人にとっては、実に怪しげな学問に感じられるかと思いますが、実際には話は逆であって、一見すると怪しげに見られるからこそ、超心理学においては、統計的な手法などを用いて、より一層厳密に科学的に結果を分析していきます。
 第1回目の講座においては、超心理学における研究のいくつかをご紹介いたします。

2.意識の仕組み
 現在、脳や人工知能(AI)に関する研究が盛んに行われています。AIの分野では、いずれAIが人間の知性を超える時が来るだろうとも予測されており、そのタイミングは「シンギュラリティー」と呼ばれ、一説においては2045年とも言われています。
 脳やAIに関する研究を行っている研究者のうちの少なくとも9割以上の方々が、唯物論的な立場に立っているように、私には感じられます。
 唯物論的な立場というのは、脳の研究であれば、人間の意識はすべて脳の中の神経細胞が作り出すネットワークによって生み出されている、と考える立場のことです。そして、意識に関わる現象はすべて、物理化学的な自然法則によって説明することができる、とします。
 しかしながら、超心理学で扱われてきているさまざまな現象の存在を考えると、唯物論的な立場では「意識」は決して解明できない、ということが分かります。
 それでは一体、意識について、どのように考えたら良いのでしょうか。その辺りについての私見をお伝えいたします。

日程

  • やさしい『超心理学』と『意識』- (1) 超心理学とは?
    2022年9月23日(金・祝)13:30~15:30[会場 または ZOOM]
    2022年10月4日(火)19:00~21:00[ZOOM]
  • やさしい『超心理学』と『意識』- (2) 意識の仕組み
    2022年10月9日(日)13:30~15:30[会場 または ZOOM]
    2022年10月11日(火)19:00~21:00[ZOOM]

会場またはZOOMでの開講となります。

会場は下記リンク先の「アクエリアス」(東京都中央区日本橋馬喰町1-5-10 林ビル4階)です。
https://aquarius-g.com/access/

受講料

7,000円、単発 4,000円

お申し込み

https://ws.formzu.net/dist/S478084723/

講師

根本泰行

問合せ

lifesystemlabo@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。